抗酸化植物栄養素とは

抗酸化植物栄養素はファイトケミカルとも呼ばれ、それを人間が摂取することで体内に存在する活性酸素を除去する化学物質です。

体内に存在する活性酸素は、体中に存在する細胞を酸化させ、病気や老化をもたらす原因となります。

ところが植物には酸化を防ぐための化学物質が沢山、含まれており、人間がそれを食べることで活性酸素を除去でき、病気や老化を防いでくれる大事な栄養素にもなっています。

例えば、近年は赤ワインに含まれるポリフェノール、緑茶に含まれるカテキン、ニンジンやカボチャに含まれるカロチン、大豆に含まれるフラボノイドという抗酸化栄養素が存在します。

なぜ植物が活性酸素を除去する化学物質が生まれるのかは、植物が生育する上で動物とは違って移動できないため、過酷で変化の富んだ厳しい環境で生育する必要があり、自己防衛のための抗酸化力や抗菌力を持つ機能を備えます。

つまり植物が自身の身を守るために作り出す化学物質であったためです。

ただ毎日、必要な摂取量を補う上では、毎日、抗酸化のための物質を含んでいる食物を食べ続けなければなりません。

実際にそれを食べる上では困難な場合も多く、費用面や必要な栄養を常に意識して摂取することが必要となります。

そこで抗酸化サプリを服用するだけで、抗酸化のための栄養を摂取することが可能です。

抗酸化サプリには、ポリフェノールやカテキン、カロチン、ビタミンなどの人間の体内で生成するのが難しい栄養素がバランスよく含まれています。

人間の健康維持や美容にも優れているのが、抗酸化サプリの特徴です。

ホワイトセラミドは薬局で売ってるの?